岩崎院長のさまざまな活動 日本顎咬合学会の活動や、パブリシティを紹介します。

一般歯科

予防歯科

噛める入歯

矯正歯科

審美歯科

高齢者歯科

訪問歯科

摂食嚥下リハビリテーション

衛生管理

費用について

セカンドオピニオン

研究活動

医院ブログ

学会発表

平成26年 第32回日本顎咬合学会学術大会 テーブルクリニックにて発表

演題:口から始まる健康長寿 ~要介護者への歯科的アプローチとそのkey point~

 

 

 


平成24年 明海大学生涯研修部オーラルリハビリテーションフォローアップセミナーにて症例発表

演題:咬合を挙上し、ソフトアタッチメント義歯を利用して行った、オーラルリハビリテーションの一例

平成20年 日本顎咬合学会にて一般講演

演題:総義歯における低位咬合に関する考察


【岩崎貢士:日本顎咬合学会誌,28,2008】

平成15年 千葉県歯科医学大会にてポスター発表

演題:リハビリテーション病院における歯科の現状と取り組み (市川市リハビリテーション病院の場合)


○ 岩崎貢士(市川市歯科医師会、市川市リハビリテーション病院)、
  植田耕一郎(新潟大学歯学部加齢歯科学講座)

論文 雑誌

◎ 岩崎院長が常任理事を務めている「日本顎咬合学会」の学会誌
2015.01.16

「咬み合わせの科学」(2014年11月第34巻第3号)において、岩崎院長の「新・顎咬合学」の対談記事が掲載されました。
これまでの岩崎院長のリハビリテーション病院の勤務経験や、いわさき歯科における
高齢者歯科の経験から、全身と咬み合わせの関係の重要性、摂食嚥下リハビリテーションを歯科医院として行うことの重要性を説かれています。



◎ 歯科医療は、誇り高き仕事 ~いっしょに頑張りましょう!

デンタルハイジーン 2010年5月号 Vol.30 No.5 2010年5月20日発行

「いっしょに走ろう!」―歯科医師から歯科衛生士へ 29



◎ 十人十色の総義歯製作 
  第3回 さらなる快適さと審美性を追求するため,人工歯排列を再考した症例

【岩崎貢士,須山譲氏:月刊歯科技工,36,358‐368,2008】

新聞

平成26年1月28日 東京新聞朝刊(18面)「飲み込みのリハビリに取り組む歯科医師」として紹介されました。

写真をクリックするとpdfで記事をご覧いただけます。


クリニック概要

熊谷市の歯科(歯医者)

いわさき歯科

ADDRESS. 〒360-0815 埼玉県熊谷市本石1-96

TEL. 048-521-0528

JR熊谷駅より徒歩15分
八木橋百貨店、イオン熊谷店より徒歩1分

▼ 診療時間
9:00 - 12:30 14:00 - 18:00  火、金は夜間診療あり ~20:00
休診日 木曜・日曜・祝日

診療時間
9:00-12:30
14:00-18:00

患者の気持ち

いわさき歯科 モバイルサイト

左のQRコードを読み取って
モバイルサイトに簡単アクセス!
( http://iwasaki-dc.jp/)